ノンメタル治療

以前までは虫歯の治療などにも簡単に金属の詰めものなどを使用していました。金属は歯科治療を行う上で欠かせないものとなっていました。しかし最近では、金属が体へ与える影響について研究が進んできており、金属を使用することであらゆるデメリットが生じることが分かっています。そんな体に悪い金属を、体から取り除き、体に優しい素材に修復するという治療法をノンメタル治療といいます。ノンメタル治療のメリット、またノンメタル治療の内容などについて詳しく調べていきます。
 

ノンメタル治療のメリット:アンチエイジング

金属の詰め物などは、私たちがもともと持っている天然の歯とは、ほど遠い素材であるといえます。そんな体への負担ともなる素材を取り除くことによって、お口への負担が減り健康的な口腔内にすることができます。
口の中から若さを取り戻すことができ、若さを保つ助けにもなります。見た目から言っても、優れている治療法であるといえます。口元から若さと美しさを求める人にもおすすめの治療法です。
 

ノンメタル治療のメリット:体への悪影響を断ち切る

自分では知らないけど、金属アレルギーを持っているといる人もいます。また、金属アレルギーではないものの、歯科治療で金属を使うことで金属アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。意外に思うかもしれませんが、アトピーの原因が歯科治療で使っている金属であることもあるのです。
金属を取り除いてあげてほかの素材を使うこで、金属アレルギーの予防・防止にもつながります。それに加えて、金属アレルギーからくる疾患にも対処できるようになります。
また、お口の中でガルバニー電流といわれるものを発生させてしまうのが金属でもあります。このガルバニー電流が発生することによって、体の痛み・疲れ・不眠・イライラなど歯科治療とは関係ないとも思えるところで、不都合を生じさせるのです。特に現代は電化製品に囲まれて生活しています。口の中の金属に電気が溜まりやすくなり、電流が発生してしまうこともあるのです。
ノンメタル治療で金属を取り除けば、ガルバニー電流も発生しなくなり体調も良くなることもあります。
 

ノンメタル治療の内容

インレー・クラウン・ブリッジなどに使用されている金属を取り除き、特殊なセラミックに置き換えます。一般的なセラミックでは微妙ながらも金属が含まれていることもあります。ノンメタル治療で使う素材は、金属・化学物質をしっかりと取り除いたものです。
さらにインプラントを金属なしで行うジルコニアインプラントがあります。人工のダイヤモンドセラミックであるジルコニアを使います。天然の歯のような白いさが特徴で、見た目もキレイで自然になります。
また歯自体はセラミックでも歯の土台は金属である可能性もあります。歯の核となる部分を非金属製のものに変えることによって、ノンメタルコアを実現します。
また入れ歯などもすべてをノンメタル素材で作り上げます。一般的には、引っ掛ける部分などに金属が使用されていますが、それをすべて金属以外の素材で仕上げます。
 

ノンメタル治療の特色

  • ノンメタル治療とは今までの治療で使った金属を取り除き、金属以外の素材に取り変えることです。これによって、口の若さを取り戻すことができます。
  • ノンメタル治療によって口の中から金属が取り除かれ、金属アレルギーの防止・緩和や、金属アレルギーからくる症状を解消できます。また口に金属があることから発生するガルバニー電流による体調不良を改善します。
  • ・ノンメタル治療は、金属修復物からノンメタル修復物に詰め替える治療、ジルコニアインプラント、ノンメタルコア、ノンメタル素材の義歯など幅広く行われます。