ジルコニアインプラント

インプラント治療に関しては、一般的に知られてるようになりました。今の最先端のインプラント治療は、ジルコニアを使ったジルコニアインプラントといわれています。ジルコニアという素材を使ってインプラントを行います。ジルコニアとは、人工ダイヤモンドです。人工ダイヤモンドのセラミックですので金属ではありません。
ジルコニアを使ったインプラントは、今までのインプラント治療よりも優れており、使う人の体調も配慮したものとなっています。ここではジルコニアインプラントをするメリットと治療の流れについて考えましょう。
 

金属を使用しないので、体に優しい

上記で上げたようにジルコニア、は人工ダイヤモンドセラミックです。一般的なインプラントにはチタン製の金属を使うのですが、実はこの金属が体の不調を引き起こしているケースもあることが分かっています。各種アレルギー、化学物質過敏症、自律神経障害などを引き起こしてしまうのが、ガルバニー電流といわれるものです。金属はこの電流の引き金ともなっているのです。ジルコニアは金属ではないために、このような体調への影響を心配することなく、使用できます。
また自分では気が付いていなくても、金属アレルギーを抱える人も多くいます。なんとある調査では、2人に1人は金属アレルギーとも言われています。そのために金属製ではないジルコニアは体への負担が少ないのです。
 

生体との親和性・耐久性がとても高く成功率が高い施術

ジルコニアインプラントは、歯茎との親和性がとても高いので施術自体の成功率が高いのです。金属製のインプラントを使うと、歯茎が後退してしまってインプラントの金属部分が出てきてしまうことがあります。見た目にも悪いですし、歯茎が下がってしまうのはよくありません。
一方でジルコニアインプラントだと、歯茎との親和性がとても高く施術が成功する可能性が高いです。またもしも歯茎の後退によってインプラントが露出してしまっても、ジルコニアは色が白いので歯のように見えます。
またジルコニアインプラントはチタン製の金属インプラント以上の耐久性があります。曲げ応力強度は、1200MPHと、とても強く壊れたりヒビが入ったりしにくいのです。世界で最も固いとも言われている天然のダイヤモンドを模倣して作った人工ダイヤモンドですので、その強度には信頼がおけます。安全でとても優れた歯科素材がジルコニアであるといえます。
 

ジルコニアインプラントの治療の流れ

一度ジルコニアのインプラントの優秀さを知ったら、ジルコニア以外では施術を行いたくないという人が多いジルコニアインプラントは、どのような流れで治療が進められるのでしょうか?

  1. カウンセリング
  2. まずはカウンセリングによって、今の歯・歯茎の状態を見て治療の方針を決めていきます。

  3. 歯の事前治療
  4. 場合によっては、歯・歯茎を事前に治療することが必要になります。インプラントをするためめの準備運動的な存在です。

  5. インプラントの装着
  6. 実際にジルコニアインプラントを埋め込んでいきます。1本の場合は1回の通院、複数法んでも数回の通院で終了します。

  7. アフターケア
  8. インプラント装着後には、経過を見るために定期健診などを受けます。インプラントの定着度などもしっかりとみていきます。

 

当院のジルコニアインプラントの強み

  • ジルコニアを使うことで、金属から引き起こされたいた体調不良やアレルギーなどの心配をしなくても済みます。
  • 体との相性がとてもいいので、施術も成功率が高く審美性も高い治療素材です。さらに耐久性も優れており破損などに強いので長く使用できます。
  • ジルコニアを使ったインプラントの治療は、カウンセリング→事前の治療→インプラントの装着→アフターケアの順でおこなわれます。