医道五十三次クリニック 院長 下川 穣

医道五十三次クリニック 院長 下川 穣のご挨拶

下川穣
医道五十三次クリニック院長に就任させていただきます下川 穣です。
当院の特徴としては、医科と歯科、東洋医療と西洋医療の垣根をとっぱらった、和合医療というスタイルをとっていることです。
一般的には、歯科なら歯のみ、眼科なら眼のみなど、その分野の部位のみしか見ませんが、当院では問診から全身の症状・口腔内の症状など多岐にわたってお聞きし、検査では全身と口腔内の両方の検査があります。
そういった特徴により、対処療法ではなく原因療法ができる長所があります。

当院にこられる患者様はアレルギー体質、電磁波過敏症、化学物質過敏症、膠原病など現代医療では治療が難しいとされる疾患をお持ちの方から、肩こりや腰痛、頭痛といった慢性疼痛にお悩みの方まで様々です。

そのような患者様に対して、和合医療を用いて原因を追究し、治療をしております。

医道五十三次クリニック
口腔内治療に関しては、一般的な歯医者さんのイメージとは一線を画しています。
極力生体に優しい素材のみを使用し、すべての患者様に安心して治療をうけていただける環境を整えています。
また、2分待ち2時間治療を実行しておりますので、遠方の方にも最短(3回から5回)で治療が終わるように配慮させていただいております。

すこしでも多くの方に当院の和合医療を受けていただき、少しでも肉体的、精神的に苦痛が改善するよう努めてまいります。