癌予防漢方外来

ガンの治療をサポートする漢方医学

漢方医学
ガンの治療は主に、腹腔鏡手術や内視鏡手術などを含む外科手術、薬物による化学療法、外照射、重粒子線などの放射線治療という3つの方法で行われていますが、それに加えて、さまざまな治療法が日々増えてきています。
このような西洋医学の視点に立った治療は、それぞれの専門分野の医師によって進められていきますが、それだけでは、十分な治療とは言えません。
ガンの治療には、手術や化学療法と並行して心のケアと予防というトータルな治療が必要だからです。
積極的にがんの予防をし、再発の不安を無くしていくこと、現在抱えているあらゆる不安を解決していくことが、安心した気持ちで受けられるがん治療につながります。

 

ガンかもしれないという事態になった時、相談できる外来

検診でがんの疑いがあると通告された、ガンの治療は終わったが再発の不安から逃れることができないというような悩みを抱えている方が、今後どのように治療と向き合っていくのが最適な方法であるのかを、導き出すことができる外来です。
現在、西洋医学的な視点にたったがん治療を受けている場合でも、その治療方針の補助となるような東洋医学的な治療を加え、再発防止をすることで、将来への不安を解消します。
 

個人個人にあったがん治療と予防法…オーダーメイドのがん治療

陰山医師問診カウンセリング
西洋医学の考え方は、できているがんを征圧することが目標ですので、がん細胞や正常細胞を遺伝子学的に解析し、その結果に適応する抗がん剤を使うという方法で治療を進めます。
その為、場合によっては、治療を受けることにより副作用が出て、苦しい思いをする場合もあります。
東洋の医学では、病状、体力、体質に合わせて、本人が持っている治癒能力を高め、引き出せるような治療方針を決定し、進めます。
なぜなら、個人によって体の中でおきていることが違うからであり、自己の持つ治癒力の強さも異なっているからです。
当院では、この個人個人の状態に合わせて治療を進め、本人の治癒力を引き出し、ガンの予防に繋げるという東洋医学の視点を取り入れ、複数の生薬を組み合わせた当院独自の漢方治療をおこないます。
 

安心な気持ちでがんの治療に向き合えるように…

漢方
癌予防漢方外来では、現在眼の治療を受けている方だけではなく、すでにがんの治療が終了している方、これからがんの治療を受ける予定の方が抱えている予防、治療、緩和ケアについての問題点や不安に対して、お話を伺い、治療に対する希望と、病状、体質、体力に合った治療法を患者様とともに考え、解決していきます。